失敗。

ある(遊びの)プロジェクトにて、大失敗をしてしまいました…。

ということで、今回の私的反省点。

  • 遊びのプロジェクトとはいえ、「物を作る」ことである以上、初めの段階からきちんと要件を定義し、設計を行った上で制作に入ることしなければならない。さもなくば「言った」「言わない」の不幸な事態が生ずる。….逆に言えば、それをやろうとしない人とは、組むべきではない。
  • コミュニケーション不足。こちらにとって譲れないポリシーについては相手が誰であれ初めの段階から強く主張し、それが受け入れられないのであれば潔くプロジェクトより手を引くべきであった。
  • 想定外の本業の稼動。1月~2月半ばまで、本業に起因する(控えめに言って)高い稼動状態が連続することを見越せず、プロジェクトに大きな穴を開けてしまった。先々の余裕が確実に見えるのでない限り、他のプロジェクトは受けるべきではない。これについては言い訳の余地なし。
  • ….言い換えれば、現在の本業が続く限り、時限を切られた別のプロジェクトへの参画は問答無用でNGであるのにもかかわらず、安易に引き受けてしまった点がよくない。
  • 資料作成の稚拙さ。相手の主要環境に応じて、資料を作成するためのツールを使い分けるのは当然であり、その点の配慮を全く怠っていた。これに関しても言い訳する余地なし。

結果的にこれで縁が一つ切れてしまいましたが’、それは自分の不徳故のことですので致し方ありません。

….気を取り直して、今日からまた頑張ることにします。

カテゴリー: 日記, 雑記 | コメントする

Cisco841M 来ました

Cisco841-01Cisco841-02

IMG_7299

前回の投稿からもう1年近くが経ってますが、諸々の事情でBeaglebone Blackの件は進んでません…。

で、それとは別に。

夏くらいから購入を狙っていたCisco841Mを発注しまして、先ほど納品されました。

昨今の普通の人ならLANにつないでWebブラウザで………という発想になるわけですが、ふつ〜のひとである私はいつも通りおもむろにコンソールケーブルを引っ張り出してPCへつなぎ、電源を入れてみました。     ということで、boot messageを以下に貼りつけておきます(一部、念のため情報をマスクしています); 続きを読む

カテゴリー: Cisco | コメントする

beaglebone blackを試す。

年末に購入したbeaglebone blackを今日、やっとまともにいじりまわすことができました。目的は同じARMプロセッサを搭載した小型コンピュータであるRaspberry Piとの比較と、今後の諸々の作業の参考のためです。

P1250005 P1250006 P1250007 P1250008

内蔵のFlashメモリへ書き込まれていたDebian GNU/LinuxベースのOSは何の問題もなく動作。まあ当然でしょう。ここで問題が生じるのでは困ります。

やりたいのはOpenBSDの動作をみることです。ということで、上蓋をとってシリアルコンソールを接続し、microSDスロットにminiroot-beagle-57.fsを書き込んだ8GのmicroSDカードを挿入、S2ボタンを押しながら電源投入。

P1250012

これも当然のことながら普通に動きましたので、早速OSのインストールを開始、無事終了。ちなみにインストールのプロセスはこんな感じでした。

ひとまずはこれで、OpenBSDが稼働するARMプロセッサのコンピュータが手に入りました。

カテゴリー: Beaglebone, BSD, RaspberryPi | 4件のコメント

めでたいこと。

大切な友人夫妻に、子供が産まれました。

そろそろだとは聞いていたのですが、一向に報告が入らないので、ここしばらくずっと悶々としていたり。本人でもないのに、おかしな話です…。

多分、これから数ヶ月〜1年あまり、ことのほか忙しい日々が続くのだと思います。でも彼ら二人ならば、きっと笑って乗り越えてくれるでしょう。

平日、かつ自宅では基本的に酒を嗜まない私なのですが、今日だけは例外。ということで、あまり高い酒ではないのですが、調達してきました。

一ノ蔵。

友人夫妻と、産まれてきた娘さんに乾杯。

 

カテゴリー: 日記 | 4件のコメント

ついカッとなって以下略。

ふと気がついたらこんなものが手元に。

P1120034 P1120002

 

まあ、静岡へは某K氏が機材を持ち込んでくださるとのことですので特に心配は要らないのですが、動画配信というのは挑戦したことのない分野なので、まずはお試しということで。

カテゴリー: 雑記 | コメントする

Raspberry piとUSL-5Pとシリアルコンソール。

割と放置気味な日記ですが、久しぶりにネタができましたので。

自分の中でどう使ったら良いのか、真面目なアイデアがとんと出てこず数ヶ月。某氏より借りっ放しだったRaspberry piですが、とあるきっかけで方向性を固めたので、まずはシリアルコンソールが(噂通り)ちゃんと出るのか、確認の為のテストを日曜日から実行していました。結果は上々。

P5050078

もっともこいつの調整で結構な時間がかかるは、SDカードの相性問題に引っかかってブートのシーケンスが全然進まずしばらく頭を抱えるはで、consoleから文字列が流れて来るのを確認できたのが昨日の早朝という…。何とも締まらない話ではあります。

まあしかし、久しぶりに半田ごてを振り回すことができて満足です。どうも1月来ストレスが蓄積気味でよろしくない状態でしたので、若干ニュートラルに戻せたかな、と。

P5050067

P5050070

P5050071

 

次の段階としてはRaspberry piでNかO、できればOを普通に動かすことを目指します。これもすでにどなたかがやっていそうですが…。

最終的には「電源をブチンと切っても問題なく動作する環境」を作り、そこでとあるアプリを動かすことを考えています。

USL-5Pの方はすでにN/O共に動きますが…こちらの用途は秘密です B-)

カテゴリー: 日記 | コメントする

年末の御挨拶。

12月27日の18時をもって、約2年間に渡る某社の業務が終了しました。

以前のお話では、今度こそ幕張某所でのお仕事をさせて頂ける(かもしれない)というお話であったにもかかわらず、諸々の事情で今回も叶いませんでした。誠に、誠に残念でなりません(血涙)。

…とはいえ、ここ三ヶ月あまりは小伝馬町某所におけるお仕事で、結構楽しくやらせて頂きました。短期間ながら、若い人を鍛える機会にも恵まれましたしね。

某社のお仕事を紹介して頂いた某S氏には感謝です。よくあのタイミングであの案件を引っ張ってきて頂けたものです。

明けて新年からは、都内某所でのお仕事が待っています。そちらに向けて、着々と準備を進めています。

皆様も、よき新年を迎えられます様お祈りしております。

追記: 言うまでもないことですが、私はまだ幕張での仕事を全くあきらめておりません。必ずや幕張へ戻り、あの日々へ戻ろうと心に誓っております。いいですか、私はあきらめていませんからね? 絶対に戻ってきますからね? …大事なことですので何度でも書きますよ。

カテゴリー: 雑記 | コメントする

状況終了。

犯人はヤス、ではなくてVMWare ESXiでした。

元々サーバ1号機でこの春先にVMWare ESXiをハイパーバイザとして仮想環境上でとある検証をやっていたのですが、こいつで使ってた起動用のUSBメモリ(VMWare ESXi入り)をそのまま2号機に転用したのが原因でした。

  1. ESXiが1号機で使用していたMACアドレスを2号機でもそのまま使用。
  2. 1号機はOpenIndianaを別のUSBメモリにインストールして使用、当然元々のMACアドレスを使用。
  3. 1号機と2号機と収容しているスイッチ上でMACアドレスのバッティングが発生。

結果として通信がつなったり繋がらなかったり、という状況でした…。

対処としては、VMWare ESXiのconsole上でNetwork Restore Options -> Restore Network Settingsを選択、いったん最初からネットワークを全て作り直すことで、2号機の正しいMACアドレスが使われる様になりました。

…しかし今回の件、Catalyst2960があったから解決した(Catalystでshow arpを実行してMACアドレスが重複していることに気づいた)ようなものです。無かったら更にハマっていたことでしょう。

かなり疲労しました。

カテゴリー: 日記 | 2件のコメント

不思議な事象。

2台のサーバのうち、どちらか1台だけ起動しているときはping落ちは発生せず。

ところが2台同時に起動していると、外部からのpingが2台とも落ちる事象が発生。それも完全に落ちるわけではなく、1台は9割方通るのだが、もう1台は8〜9割方落ちてしまう。

これでもかなり改善した方で、iLOのポートを物理的に完全に分離するまでは、前者もping落ちが酷かった。

ちなみに2台を直結してるNIC間のpingは、やはりiLOポートの分離により完全に正常になった。

さて、どうしたものか。思案中。

あ、ちなみに仕事ではありません。断り書きしとかないと余計な詮索して御注進に及ぶ困ったちゃんがいますので念のため。

カテゴリー: 日記 | コメントする

整理。

諸事情により、日記の掲載内容を少々整理しました。

で、ここ数週間ほど頭を悩ませていたことに一つの回答が出ましたので、気分転換としてZFSについてちょっと試し、その結果をメモへ書いてみました。といってもpoolを作ってみたところまでですが、なぜかOpenIndianaでやったぜ! という比較的新しめの記事が見つからない(興味の無い人が多いんですかね…ちょっと残念)ので、自分で試してみた次第です。

カテゴリー: OpenIndiana | コメントする